地球市民として

私たちのビジョン、ミッション、ねらいの一環として、地域の一員としても地球市民としても積極的に活躍する人材を育成することは、MISで行っている教育の核心です。子どもたちは、地球市民賞の取り組みを通じて、クラスの一員としても個人としても、家庭、学校、地域、そして国際社会においても、前向きな行動を取ります。

  • 家庭では、責任をもって親や兄弟を手伝おうとします。
  • 学校では、校内美化プロジェクトに参加したり、他の子どもたちの役に立てるよう努力をしたりします。
  • 地域では、田んぼで稲作して日本文化を学んだり、ヘルメットやシートベルト装着を推進したりすることで、地域の模範市民となるように努力します。
  • 世界については、授業で世界自然保護基金を通じて絶滅危機にある動物の保護活動をしたり、諸外国の子どもたちと交流をしたりします。

こうした行動が社会に対する子どもたちの意識を高め、地球市民日誌に奉仕活動を記録することによって認識を確かなものにします。また、この日誌を活用して自分の経験を同級生や学校全体と共有し、より良い社会を作っていくよう励まし合います。

毎年、地球市民として優れた行動をとった子どもたちは、学校の集会でどんな行動を行ったかが紹介され、スーパー・地球市民賞を授与されます。

MISではこうした地球市民教育活動が、活発に行われています。



PAGE TOP