認定

2017年4月に、MISはインターナショナルスクール協議会(CIS)によって認定校に選ばれました。CIS認定は、本校が国際教育において、専門的なパフォーマンスの高い基準に達し、今後も学校を継続的に改良していこうとする姿勢が評価されたことを示しています。認定については、特に以下の点について、評価されています。

  • 子どもたちのための学校の使命と目標実現のために努力していること
  • 子どもたちと家庭や地域社会に提供するサービスについて深く考えてきたこと
  • 世界的に認知されている教育認定機関からの評価を得るために、必要な時間をかけてあらゆる努力をしてきたこと
  • 指導と学習の質を高めると共に安全に配慮し、健全な子どもの育成に努めていること
  • 子どもたちを地球市民として育成することに尽力していること
  • 子どもたちの発達段階や実状に即した教育理念を掲げていること
  • 実現可能なことのみを約束していること
  • 学校関係者および他の教育関係者からの相互審査により、定期的な評価を受けていること
  • 将来に向けて、学校運営の全分野において戦略を持ち、改善を続けようとしていること

日本の学校とインターナショナルスクール、双方の指導と学習の最良なものを提供する本校は、学校教育法第1条校として、日本の文部科学省によって認可されています。千葉県教育委員会の規約に沿い、千葉県私立小学校協会や全千葉県幼稚園協会の会員でもあります。本校のカリキュラムは、日本の学習指導要領が掲げる目標に基づき、国際的な指導と学習の方法を取り入れて編成されています。私たちは、日本人の帰国生と外国籍(二重国籍も含む)の子どもたちに、多言語で国際感覚豊かな21世紀の模範市民となるための、独自の学びの場を提供できることを誇りに思っています。このように、1条校としての教育を進めることによって、本校の子どもたちは、インナーナショナルスクール、または日本の中学校のどちらにも進学が可能です。

MISは東アジアの160校が加盟する東アジア地域海外学校協議会(The East Asia Regional Council of Schools、通称 EARCOS)のメンバーでもあり、本校教員が生徒の学習成果を高めるための職業能力を開発する機会の利用(提供)が可能となっています。 さらに、ERACOS加盟校との交流により、私たちの進めている国際市民教育の一貫として、本校生徒の国際理解を広げる機会が大幅に増えています。



PAGE TOP