運営管理

MISのあり方を定めている「寄付行為」は、MIS設置の目的を次のように明確にしています。 「MISは、教育基本法と学校教育法に従い学校教育を行い、国際社会に通用するグローバルな人材を育成することを目的とする。」
寄付行為とは、法人の設立を目的として作成した、その法人の根本規則

幕張インターナショナルスクールの運営管理は、理事会と評議員会によって行われています。理事会および評議員会の活動により、教育面、経営面だけでなく、倫理面を含め、学校運営に関わる全ての側面において、本校が学校教育法第1条校として法令に準拠していることが確保されます。理事会の理事は、保護者や教員、教育専門家によって構成されることとされています。理事会、評議員会は年4回開かれ、理事長と校長が同席の上、議案の承認または審議を行います。理事長は、適切な運営管理に向けて、校長やシニアマネージメントチームと定例的に協議しています。

2017年に実施されたCISの評価は下記のとおりです。

「理事会および評議員会は、MISの健全な運営管理、継続したリーダーシップの維持、現在から長期にわたる実践的な支援を目的として構成され、長期的な学校の改善に向け戦略を持ち、学校のニーズに最重点を置いて取り組んでいる。」

-CIS認定(査定)チーム 2017年4月



PAGE TOP