カリキュラム

幕張インターナショナルスクールは、日本の学習指導要領の学習目標に添うとともに、さらに広く国際的なカリキュラムの学習目標を加えてカリキュラムを編成しています。これによりカリキュラムは、とても豊かで、多様性があり、国際的な特色を持つものとなっています。私たちは、「何を教えるか」と「どう教えるか」を分けて考えることが大切だと考えています。小学校のカリキュラムは、文部科学省の学習指導要領で定められた標準時間数に添いながら、学習の定着と応用のため、学習時間を上乗せしています。特に英語や算数については十分な時間を確保し、子どもたちは少なくとも1日1時間は、この主要な教科を学んでいます。また5年と6年では、社会科を英語だけでなく日本語でも学ぶことで、文化的・内容的にも、より充実した科目となっています。

そして、国語と日本学習以外の全教科を英語で行います。国語は主に日本人の帰国生が学ぶ一方、日本学習は日本語を母国語としない、主に外国籍の子どもたちを対象に、日本語の基礎や、日本の文化、伝統についての教育を行うプログラムです。両親の国籍が異なる子どもたちは、日本語の習熟度に応じて、国語か日本学習のどちらかを選ぶという選択肢があります。



PAGE TOP